革・素材の特長

鞄工房山本ランドセルの特長

素材を吟味し、その特性を知ることから、鞄工房山本のランドセルづくりははじまります。

どれだけつくりが良くても、それをかたちづくる「素材」が確かなものでなければ、いいランドセルをつくることはできないと考えているからです。

そして、たくさんのお客様に豊富な選択肢からお選びいただけるよう、素材の種類やカラーも豊富に取りそろえました。

希少価値の高い天然の最高級コードバンや、風合い豊かな牛革。そして、本革同等の美しさと耐久性を叶えながら軽さも誇る高品質な人工皮革。

鞄工房山本が厳選したそれらの素材の優れた特長をご紹介します。

コードバンcordovan

1頭の馬からわずかしか採れない
貴重なコードバン。

コードバンは非常に希少価値の高い天然皮革で、世界でも1ヶ月に数千頭分しか手に入りません。

掌に吸いつくような滑らかな手触りが特長で、その製法や希少性から「革のダイヤモンド」とも称されています。

緻密な繊維構造から生まれる美しい艶と硬質な素材感はそのままに、ランドセル専用に施した表面の撥水・耐傷加工により、6年間安心の丈夫さを実現しました。

コードバンの写真
この希少な1頭分のコードバンからつくられる
ランドセルのかぶせは、わずか2枚。

世界屈指の馬革タンナー

革の製造で有名な兵庫県姫路市にある世界屈指の馬革タンナー、新喜皮革。

コードバンを原皮からなめし、製品革にできるのは、アメリカのホーウィン社と日本の新喜皮革の2社しかないと言われています。

ヨーロッパ産の原皮をタンニン槽でじっくりなめし、銀面を削って磨き上げ、約10ヶ月に渡り手間暇かけて完成する新喜皮革社製コードバン。

鞄工房山本のコードバンランドセルは、その最高級素材でつくられています。

新喜皮革のイメージ写真

選べる9色ものバリエーションを
取りそろえました。

一生に一度の小学校生活を共にするランドセルだから、「最高のもの」「好みのもの」を選んでいただきたい。

そんな想いから、鞄工房山本はコードバンランドセルに全9色ものカラーを取りそろえました。豊富なバリエーションのなかから、お好みに合わせてお選びください。

  • コードバン 黒の写真
    Black
  • コードバン モスグリーンの写真
    Moss
    Green
  • コードバン 紺の写真
    Navy
  • コードバン キャメルの写真
    Camel
  • コードバン 茶の写真
    Brown
  • コードバン 赤の写真
    Red
  • コードバン ローズピンクの写真
    Rose
    Pink
  • コードバン ワインの写真
    Wine
  • コードバン ラベンダーの写真
    Lavender

コードバンのランドセル

スワイプで選択・タップで詳細ページへ

牛革cow leather

柔らかな光沢と自然な質感が
美しい天然牛革。

本革らしい上質な風合いと、しっとりとした柔らかな手触りは牛革ならでは。

通常の2倍の時間をかけてランドセル専用に撥水・耐傷加工された本革を使用していますので、特別なお手入れは必要ありません。

牛革の写真
牛革

牛革にデニム調の表面加工を施した鞄工房山本のオリジナル素材。牛革の堅牢さとデニムのカジュアルさをあわせもつ個性的な本革です。

通常のランドセル用牛革同様、撥水加工・対傷加工が施されているので、丈夫さも変わりません。

オリジナルのデニム調牛革の写真
オリジナルのデニム調牛革

栃木レザーの上質なヌメ革。表面加工を極力おさえナチュラルに仕上げたヌメ革は、使い込むほどに風合いを増していきます。

エイジングを楽しみながらご愛用ください。

※ヌメ革はNo.44「リベルタ」のガクと前締めベルトと革パッチに使用しています。

ヌメ革の写真
風合いを楽しむヌメ革

牛革のランドセル

スワイプで選択・タップで詳細ページへ

人工皮革artificial leather

牛革の風合いと
強さをそなえた人工皮革。

天然牛革と見分けがつかないほどの高品質でありながら軽い「コードレ」。表面のラミネート加工により傷に強く、マットで落ち着いた仕上がりが特長です。

本革のランドセルは革の繊維を見極めながらひとつひとつ型入れをするため製作数に限りがありますが、人工皮革を採用することで製作数を大幅に増やすことができ、よりたくさんのお客様へのご提供が可能になりました。

人工皮革のランドセル

スワイプで選択・タップで詳細ページへ

革・素材の比較

  • 比較表・コードバン
  • 比較表・牛革
  • 比較表・人工皮革

スワイプでスクロールできます。

コードバン・牛革・人工皮革、全てに撥水・耐傷加工が施されているので雨の日も安心。

※No.44「リベルタ」のヌメ革のみ撥水いたしませんのでご注意ください。

ランドセルが撥水している写真

鞄工房山本ランドセルの特長